COLUMN

カテゴリー

ブラックチップシャークを簡単に楽しく元気よく飼育

Blacktip reef shark

ブラックチップシャークを簡単に楽しく元気よく飼育
別名
ツマグロ
全長(最大)
160cm
分布
太平洋・インド洋

ブラックチップシャークはメジロザメの種類で、サメの中では比較的小型で観賞魚として人気の高い種類です。
サメの中では小型ですが最大160cmほどになる個体も存在します。海水魚水槽での飼育下では、大型の水槽でも120~140cm程度で成長が止まることが多いです。

ブラックチップシャークの販売価格や入手方法

ブラックチップシャークは熱帯の珊瑚礁等の温かい海に棲息するサメですので、基本的に日本で販売されている個体は輸入されたものです。

主な原産地はインドネシアやフィリピンです。
現地での価格は日本では考えられない程安価で取引されていますが、ブラックチップシャークが高額になる理由はほぼ輸送費と言っても過言ではありません。

海外から輸入する際に木箱で堅牢に梱包された荷物で入ってきて、それから国内でトリートメントされます。更にそこから再度、水槽のある場所まで運ぶという流れです。

入手の難易度は高くなく、予約やリクエストを出せば確実に入手する事ができるはずです。

相場の販売価格は在庫状況やサイズにもよりますが、10万円~20万円程度です。

ブラックチップシャークの餌について

餌は肉食なのでアジの切り身やイカなどを与えます。鯵の切り身はスーパー等に販売されているものや、魚市場にあるもので大丈夫です。
アジを購入したら内蔵を取り出して、ブラックチップシャークが食べられるサイズにカットしてタッパー等に入れて冷凍しましょう。
切り身自体はサランラップ等で小分けにしておくと使い易く、水分もある程度保たれます。

馴れた個体は乾燥クリルに餌付かせる事も可能です。クリルまで餌付けば不在の際の給餌も楽になります。

混泳については餌を十分に決まった時間に与え、他の魚が餌ではないことを習慣づけて覚えさせる事が出来れば、小型の魚とも混泳はできます。
但し餌の量に満足出来ず、お腹が減ると小さな海水魚や弱った海水魚を食べてしまう事があるので、他種を混泳させる際には注意が必要です。

ブラックチップシャークに適した水槽の仕様

ブラックチップシャークを飼育する水槽サイズは以下の点に注意して、最低でも180cm以上の水槽を用意しましょう。

  • ブラックチップシャークは体が硬く、ターンすることも考えて水槽の奥行きをなるべく大きくとる(D90cm以上が望ましい)
  • 背ビレを水面から出して泳ぐ事があるので、フランジに背ビレが衝突しないように水位を設計する必要がある。
  • オーバーフロー管にコーナーカバーを付けたり、水槽の角から一定の距離を保ち、ブラックチップシャークが挟まらないようにする。
  • 水槽内のブラックチップシャークの遊泳の障害になりそうなものは、なるべく外す(水中ポンプや配管が水槽面にあると衝突する事がある)

水換え無しでブラックチップシャークを飼育

当社で設置した3メートルのスーパーナチュラルシステム海水魚水槽は、ブラックチップシャークの飼育をご希望だったお客様の為に制作しました。
立ち上げから1年経過しますが水換えは一切無しで、現在もスクスクと大きく育っています。

病院に設置した海水魚水槽

水換え無しの3m海水魚水槽

他の魚とも上手に混泳しており、見応えのある楽しい水槽となっています。

自宅・オフィス・お店など、どこでも場所を選ばず、水換え不要の海水魚水槽を制作します!
長期的に育んで行く海のような、海と同じ浄化循環であなただけの特別なアクアリウムをオーダーメイドでお作りします
もちろん「ここにこうやって水槽を設置して、こう見て楽しみたい。」や、「こんな空間にするからそれにピッタリな提案をして欲しい。」など企画段階や無理難題もお気軽にご相談下さい。

水換え不要の3メートル水槽の設置事例はこちら>>

カテゴリー

HONUMI

水換えのいらない
水槽へのお問い合わせ

活魚水槽の設置、アクアリウムの企画・設計・設置・メンテナンス・レンタルなどは、お気軽にお問い合わせください。

06-6266-8922

平日11:00~19:00(定休日:土・日・祝日)

facebook

お問い合わせ

お問い合わせ

06-6266-8922

平日10:00~19:00

メールはこちら

LINEでお問い合わせ